top of page

「地球温暖化による熱帯果樹の機会活用」



気球温暖化の気候変動と常に隣り合わせの「農業」ですが近年、温暖化を逆手にとった取り組みがなされています。


1.地球温暖化による良い影響


気候変動により世界へ様々な影響をもたらす「地球温暖化」。

「地球温暖化」に対してあまりいいイメージを持つ人はいないかもしれません。ですが近年、温暖化を逆手にとった取り組みが推進されています。

気候変動に伴う気温上昇により、農作物の収穫や品質に影響が出始めており

今後一定の気温上昇が避けられないと考えられている中、

一方で気温上昇により、これまで温度不足で栽培ができなかった

熱帯・亜熱帯作物が、経済的に栽培可能となる地域が広がると言われているのです。


2.熱帯果樹の栽培


露地栽培まではできないものの、このような作物に対して

施設栽培が可能な地域が拡大するものと予測され、

従来よりも生育可能期間の長期化、収穫の増加、高品質化、暖房費などの

経費が安くなるなどのメリットが生じると考えられています。

このことから、農林水産省は「気候変動適応計画」を定め

2016年以降、高付加価値のある熱帯・亜熱帯果樹の導入実証に取り組んでいます。


3.栽培が可能となった果樹



現在、沖縄県などの熱帯・亜熱帯地域で栽培されている主な熱帯果樹は

代表的な「バナナ」や「パインアップル」、「キウイ」、「マンゴー」のほか

「ドラゴンフルーツ」、「パッションフルーツ」、「アセロラ」、「アボカド」、「パパイヤ」などがあります。

熱帯・亜熱帯地域以外で栽培が可能となった果樹は

「ドラゴンフルーツ」、「アボカド」、「パッションフルーツ」、「パパイヤ」など。

熱帯果樹はいま、様々な試験栽培が行われており、

沖縄県産が代表的である「ドラゴンフルーツ」は岡山県や群馬県、

北は岐阜県や青森県にまで栽培が広がる結果が得られています。

熱帯果樹には栄養成分が豊富な「スーパーフード」として

位置づけられている果樹が多いです。

かつては、海外や日本の熱帯地域でしか栽培できなかった作物が

温暖化の影響により、栽培地域が拡大しているということ。

新たなる希望にスポットを当て、今後も発信していきます。

Comments


bottom of page